• ホーム
  • ネタ切れせずに記事を書き続けるために必要なこととは?

ネタ切れせずに記事を書き続けるために必要なこととは?

記事の更新を続けていると、ネタ切れを起こし、モチベーションが下がって更新頻度が低下することがあります。初期段階であれば自分の頭の中にある知識や過去の経験でカバーできますが、個人の知識量や経験量には限界がありいつかは底を尽きるからです。

ネタ切れを回避する方法の中で最も手軽な方法は、雑誌やTVなどメディアのトレンドをチェックすることです。サイトに関連するTV番組や雑誌の話題から、キーワード選定をし、レビュー記事を書きます。SNSで話題になったトレンド情報など、各種ツールを余すことなく活用しましょう。同様に図書館や本屋に行って、ネタ探しをするのも有用です。特に図書館は閲覧や貸出にコストがかからないため、頻繁に利用することでネタ切れを起こしにくくなります。

知識に加えて、新たな経験を得るのもネタ補充方法の1つです。今まで行ったことのない場所や人に出会ったり、体験したことのないサービスやSNSで話題になった商品を試してみるなどが挙げられます。これによって刺激が得られて、新たな記事のネタが湧き出てくることが多いです。もちろんサイトのジャンルに関連する体験の方が効果的ですが、もしニッチキーワードを攻めるのであれば関連性の薄いジャンルに挑戦するのも良いでしょう。未知の体験をすることによって刺激され、モチベーションが上がるという副産物もあるためおすすめです。

またキーワード選定で悩んでいるのであれば、Q&Aサイトの活用も挙げられます。サイトに関連するキーワードを入力して、ユーザーがどんなことで悩んでいるのかを探す方法です。質問の量によってキーワードの重要度が分かるだけでなく、検索意図を理解する糸口にもなります。Q&Aサイトは疑問や解決したい悩みを持ったユーザーが居て、別のユーザーが回答を用意するといった構造です。

これをサイトに当てはめると検索バーにキーワードを入力するユーザーが質問者であり、検索意図を汲み取って記事やコンテンツという形で応じるサイトが回答者となります。ネタ切れはもちろんキーワード選定に悩んでいたり、検索意図がなかなか掴めない場合はQ&Aサイトを活用してみましょう。

もちろんGoogleキーワードプランナーや、グッドキーワードなど無料ツールを使って検索ボリュームを調べるのもおすすめです。普段あまり目を向けないビッグワードを入力してみたり、執筆しがいのあるニッチワードに挑戦するなど、何かと変化をつけてみると良いです。

関連記事