• ホーム
  • Googleの評価基準について理解する

Googleの評価基準について理解する

パソコンとスマホを見ている男性

Googleの評価基準については、Googleが掲げる10の事実から読み取ることができます。中でもSEOに役立つ項目はユーザーを重視すべきという点、コンテンツは高品質で専門的かつオリジナリティを持つべきという点です。Webサイトの表示速度やモバイル環境への配慮にも触れられていますが、これらも全てユーザーファーストに含まれます。検索順位を上げることに躍起にならず、ユーザーの利益を第一としたWebサイトを評価するということです。

Googleが評価対象とするユーザーファーストには、検索クエリとの関連性の深い記事やE-A-Tの高いサイト、ユーザー体験の向上などが含まれます。まず検索クエリとのマッチングは、検索エンジンの信頼度を高める大事な要素です。検索バーにユーザーが語句を入力する際は必ず解決したい問題がある訳で、Webサイトはその問題に対する回答の役割を果たします。問題(検索クエリ)に対して関連性が深いほどユーザーは悩みや疑問を解決しやすくなるため、回答として優れたサイトほど高く評価するという訳です。

10の事実の他に、GoogleはSEO対策の一環として品質評価ガイドラインも掲げています。その中でも特に重要な位置を占めているのが、E-A-Tの向上です。専門性・権威性・信頼性を意味する英単語の頭文字を取ったもので、要約すれば専門性が高いコンテンツが評価されるということです。さらには専門的かつ精度の高い情報を継続的に提供することで得られる、権威性や高い信頼性が重要となります。情報の先鋭化がなされて、信頼度が上がることで自然と被リンクも増えるという相乗効果もあるでしょう。

サイト内でのユーザーの経験や体験、すなわちサイトのUIなどユーザビリティーや満足度も評価に大きく影響するポイントです。巡回しやすいサイト作りを行っているか、構造がシンプルなブログであれば記事の誘導など細かいところまで気を配れているかといった点が重要になります。ユーザビリティーや満足度に関しては、Googleアナリティクスの直帰率やページの滞在時間などから確認可能です。

たとえば直帰率が高い場合は、検索クエリとの関連性が低いコンテンツを提供している可能性があります。ページ滞在時間が短いのであれば、画面の見やすさや使いやすさに問題があるのかもしれません。ブログであれば読み辛い表現をしていないか、テキストばかりで画像が少なく見にくくないか、ホームページの場合はUIが扱いにくくないかといった箇所を見直してみましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索