• ホーム
  • SEOにおける内部対策の方法

SEOにおける内部対策の方法

タブレットの画面

内部対策はその名のとおり自サイト内で施すSEOであり、Googleにコンテンツ内容を適切に伝えるために必要です。サイト内コンテンツが良質であるということを、巡回に訪れるクローラーに伝えなければ表示順位は上昇しません。すなわち内部対策はクローラーの巡回を促すこと、サイトの内容をクローラーに適切に伝えることの2つが主な目的です。

運営しているサイトが新規である場合、XMLサイトマップの送信が有効です。クローラーは既にインデックスされているサイトのリンクを辿り、新たなサイトへと巡回するため新規サイトは不利になります。そこでクローラー向けのXMLサイトマップを送信することにより、巡回依頼がなされてサイト内全てのページを網羅的に巡回してもらうことが可能となります。新規に立ち上げたサイトのみならず、新しく作成したページにも有効な手段なので更新の度にサーチコンソールからXMLサイトマップを送信するようにしましょう。

続いて順位表示を上昇させるための内部SEO対策として、パンくずリストの設置も有用な方策の1つです。サイトに訪れたユーザーが、現在どの階層のどのカテゴリー内にいるのかを通知するツールで、ユーザビリティーはもちろんクローラーにも効き目があります。クローラーの巡回を促し、スムーズに回遊できる構造に整えることでサイトの評価が向上するという仕組みです。パンくずリストと平行して、サイト構造を増やし過ぎないように工夫するのもポイントです。カテゴリーを用いた階層構造にした上で、トップページから2クリック以内で全てのページにアクセスできる3階層をおすすめします。

ページタイトルに必ずh1タグを使用して、クローラーへと確実にアピールすることも大切です。検索エンジンがページ内容を把握する際にh1~h6までの見出しタグを使用しますが、特にh1タグは重要な位置を占めます。h1タグにページ内容を簡潔に表すタイトルを入れることで、Googleが内容を把握しやすくなりページ評価が高まるからです。その際、h1タグにキーワードを盛り込むことでさらなるSEO効果を生み出します。

加えてコンテンツを作成する際、記事内にも見出しタグを使ってコンテンツ内でも構造化を施しましょう。見出しタグを使用しないとただ文章を羅列しているだけとなり、ユーザーもクローラーも分かりにくい画面になってしまいます。見出しタグを数字順に割り振って規則正しく使用することにより、コンテンツ内のどのあたりを読んでいるのかが分かりやすくなり、評価されやすくなります。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索